ROG Strix X570-F Gaming を買った

ROG Strix X570-F Gaming を買った

PC組み換えの一環。

経緯

Zen3 こと Ryzen 5000 シリーズが発売になるということで、5950Xの抽選に突撃したオタクにお願いして5600Xを押さえてもらいました。

Ryzenは初めてなので、ついでにマザーも買わなきゃなあということでいろいろ候補はあったのですが、

  • 他社のお目当てはたまたま店頭在庫がなく
  • お願いしたオタクが割とROG推しで
  • B550と悩んでたら「どうせならX570いけ!」と背中を押され
  • オタクが店員との価格交渉を成立させてきた

ことで気がついたらこいつになってました。

所感

M.2 SSD のヒートシンクが冷却ファンまで伸びてるのはいいですね。実際よく冷えており、PCIe 4.0 接続の NVMe SSD の発熱について心配する必要はありませんでした。

より安価なマザーだとヒートシンクが単体で用意されてて終わり、みたいなのも多いのでこの選択は正解でしたね。I/Oシールドが一体型になっているのもよかったです。

ケースファン用のコネクタが上下それぞれに配置されていたり、RGBヘッダーとアドレサブルヘッダーがそれぞれ2つ用意されていたりと配線周りの配慮も行き届いていてよかったです。

ソフトウェア

Armoury Crate

Armoury Crate はAURA Syncを活用する上で非常に便利でした。

多種多様な光らせ方が選べる上に、このアプリケーションを起動している間はこの設定で光るように、みたいなのもできて面白いです。わたしは Trials Rising を起動している間だけロゴと同じ青緑色に光らせています。

AURA Syncに対応したケースファンとして InWin の Sirius Loop を8個接続していますが、きれいに同期されており満足しています。

ついでに AURA Sync で統一したかったのでグラボをオタクのお下がりな ROG Strix GeForce RTX 2080 にしました。GTX 1070 Tiからの買い替えで4Kモニタも余裕に。

Ai Suite 3

4-Way Optimization を実行するだけでファン速度の最適化、動作クロックの引き上げ、電源フェーズの最適化までを全て行ってくれるのは便利ですね。しかも無理なく安定して動作する範囲に収めてくれます。

総評

Zen3の性能を最大限に引き出しつつ、AURA Syncできれいに光るPCを組むなら優れた選択肢だと思います。

普段は3万前後と少し値段が張る印象ですが、なんと今日(2020/12/14)までならAmazonの特選タイムセールで25k切りなので、いつもより1ランク上のマザーに手が届く良いチャンスだと思います(?)。ぜひ。

Your browser is out-of-date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×